【イラストを使って丁寧解説】ダブルスの前衛のポジションは相手が打ち返す前に二度変化する                ~大切なのは観察、予測、思い切り~

バドミントン

ダブルスのポジションがうまく取れず右へウロウロ左へウロウロ
結局ラリー中一回も触れなかった。
という経験はないだろうか?
ダブルス初心者のころは前衛に入る事が怖いんですよね・・・
前しか見れないのに、見えることは相手のコートだけ。
返ってくるシャトルは早くて触れない。
そんなあなたに心に少し余裕がもてるポジションの取り方を一緒に考えていきましょう!!

ダブルス前衛の決まり事

前回ダブルスの動き方初級をブログに書いてみました。
今回、自分たちが「攻撃」パターンが回ってきたらどうすればよいか。
攻撃=自分たちは前後に並ぶ
攻撃が得意な人が後衛に行く用にすると思いますが、どうしても前衛に入らないといけないことも出てきます。前衛も得意になりましょう!!
では、絶対守るべきこと
1 後ろは見ない。
最初の頃は絶対してしまうのです・・・「だってシャトルがどこに飛んだかわからないもの」
方向がわかっても距離はわからないですよね、だからつい後ろを向いてしまいます。
でも、後ろを振り返るのだけはやめて下さい!!
〇まずは危険であること(近距離でシャトルが顔に当たる危険がある)
〇次の動作が遅れること(後ろ確認して、前見たらシャトルが相手コートに入っていて構えが遅くなる)

「じゃあ、どうすればいいの?」
飛距離が知りたかったら、相手が打った音を聞く。
「カンッ」はフレームショットの音ですね。絶対後ろまで飛んでないから前に詰めるか横に寄ったほうがいいですね。
「パンッ」音が響けば芯をとらえているので後ろまで飛んでますね。
相手の振り方を見る
大振りしていてフレームショットじゃなければ後ろまで飛んでいる。

「ざっくりしすぎじゃない?」こんなざっくりでいいんです。そしてその予測が間違えててもいいんです。なぜなら後衛は全部見えているから。
危なかったら後ろから声かけられると思います。

2 追いかけたら最後まで
途中で「間違えた」と思い途中でやめたりしますが、それだけはやめた方がいいですね。
間違えたと思ったら「行く!!」と叫んで最後まで追いかける。
何度も言いますが後衛はすべて見えているので前衛が先に動けば後衛はそれに合わせることが出来ます。

練習不足で足が動かないとパートナーにいうと大体の人は「じゃあサーブ打ったらコートから出といて」だとか「右前だけ守ってそこから動かないで」って冷たいことを言われます。
これは仲間内の冗談ですが、実際無駄に動いてミスするくらいなら動かない選択をしたほうが勝てることがあります。
シングルは一人でコートを守るので少しラリースピードの速いシングルだと思えば少し気が楽になりませんか?
好きに動いたらいいんです。そのかわり早めに動くこと!!びくびくしながら試合しても楽しくないしいいパフォーマンスはうまれませんから・・・

絶対守らなけらば行けないのはこの2つ

前衛のポジションの取り方

前衛の動き方

①のイラスト
「いい音したし、シャトルも高く上がったから後ろまで飛んだだろうな」
と思ったら、前衛はAに上がった時はA’に、Bに上がったらB’に位置取りします。
この時前衛がカバーするところは自分より前の部分と、低く速く返ってくるクロスの位置です。
(Aの位置に上がったら赤い斜線を、Bの位置に上がったら青い斜線の位置をとる必要がある)

②のイラスト
「奥までは飛んでいないだろうな、シャトルの軌道もそれほど高くないな」
と思ったら、サービスライン上にポジションをとります。
パートナーがより攻撃の強いシャトルが出せる位置のため、後衛がスマッシュを打って前衛のショートスマッシュで決めるというパターンに持っていける位置に立つのが理想である。

③のイラスト
「シャトルが全然飛んでいないな、もしかしたら私でも手が届くかも」
と思ったら、大体コートの真ん中の位置くらいにシャトルが飛んでいると思います。
中間位置なら、後衛がスマッシュを打ちながら前に詰める流れが強いので前衛はシャトルが飛んだ位置の逆に動きます。中間より強い球が打てる為、後ろに下がりすぎずクロスに逃げてきたシャトルが打てる位置に立ちます。

この3つの立ち位置は相手が打って自分のコートに入ってくるぐらいには動くポジションの位置になります。

2度目のポジション取りって何?

先程のポジションに動いた後にパートナーがショットを打ちます。
そのショットが有効なら
イラスト①「相手の頭が下がってレシーブをしようとしている
これは遠くに飛ばすには難しい体勢になります。
なので前衛は前に詰める
イラスト②「ショットをとる人の腕が伸びている
これも遠くに飛ばすには難しい体勢の為、ネット前に返ってきたシャトルをプッシュできるように前に詰めます。

イラスト③「相手がカウンターを狙っている
二人ともこの体勢ならカウンターの方にポジションを変えてカウンターは止めますよと先に動く。

またはパートナーの打った音が聞こえたらカウンターによる。(パートナーが打つ瞬間に動くと相手はシャトルを見るため、動いたことに気が付かずカウンターを打ってきます。そのカウンターをとめる)

ここで大切なことは相手が打つときは動かない。ポジションの判断は自分の「パートナーが打つとき」「相手が打ったシャトルがコートに入るとき」です。

「真ん中を通るカウンターはどれを止めたらいいの?」
イラスト一番下になります。腕がイラスト以上伸びてしまうようなら触るのはやめましょう。
腕が伸び切ってしまうと「触るだけ」になります。これは「死に球」と呼ばれ相手にとって打ちやすいシャトルになります。

腕が伸び切らない位置の速いカウンターは止めたほうが自分たちに有利な試合展開になるため、腕を上げてラケットは顔の前、パートナーが打つと同時にカウンターに移動する。
「じゃあ、カウンターに来なかった時どうするの?」
ネット前じゃないかぎりパートナーにとってもらいます。

まとめ

シングルスでは一人でコートを守っているんだから、軽い気持ちで予測して動いてみていいと思います。ここは楽しくバドミントンをする為の場所ですから。
経験を積めば、パートナーの癖や相手の癖がわかって予測しやすくなります。
〇後ろを振り返らない
〇動いたなら最後まで「度胸と潔さが大切」
〇相手が打つときは止まる
〇パートナーが打つ音が聞こえたら動くと相手に気が付かれない。

ここまで読んで頂きありがとうございました。
練習で予測して動いてみて下さい。「うまく行った」「駄目だったんだけど!!」のコメントもらえたら嬉しいです。

お問い合わせ/メール

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました