子供と過ごす春休み計画!!恐竜好きなら「恐竜ディノパーク」

私生活

熱狂するほど好きでもないけど、恐竜見ると「かっこいい」と口走る子供達。
家には恐竜図鑑や恐竜のおもちゃがあります。
ただ、恐竜の名前を覚えるほど好きでもないけどやっぱり行きたがる恐竜ディノパーク

福井県の恐竜博物館が好きで年に1回ほど行っていたのですが、なんと愛知にもディノーパークができたのでとっても行きやすくなりました。今回はディノパークに行ってみようと思います。

ディノパークってどこにあるの?

ディノパーク 勝山
〒911-0023 福井県勝山市村岡町寺尾51-11
☎0779-88-8777
⌚9:00~17:00(最終入場16:30)
💰個人600円(3歳から)団体500円(3歳から)
💤第2・第4水曜日
ディノパーク名古屋
〒459-8001名古屋市緑区大高町文根山1-1(近い駐車場第9)
☎052-693-8798
⌚平日10:00~17:00(入場16:00まで)土日祝9:00~17:00(入場16:00まで)
💰一般 大人800円 中学生以下600円 団体 大人500円 中学生以下300円
💤月曜日(祝日等の場合は翌平日)
ディノパーク岐阜
〒岐阜県郡上市高鷹町鮎立5434
☎0575-72-6758
⌚平日10:00~16:00 土日祝9:00~17:30
💰大人1300円 中学生以下900円

メンテナンス等で臨時休業もあるため、一度調べていくことをオススメします。

ディノパークってどんな感じ?

今回行ったところは、ディノパーク名古屋

弱肉強食を現した恐竜たち・・・
集団のヴェロキラプトルに囲まれ絶対絶命のコンコラプトル
食事中のメガロサウルス
ディノ二クスに襲われているテノントサウルス
「ディノ二クスって異様に足が長くて気持ち悪いね」と失礼なことを話しながらめぐる・・・
一種類で一匹たたずんでいるより、何種類かの恐竜が集まっている方が臨場感があって私は好きなのでこのシーンはお気に入りなのです。

道の左右でトリケラトプスティラノサウルスが睨みあってて1年前にここに訪れたときは次男が怖がって「抱っこ~」でした・・・長男は肉食恐竜前だけダッシュで通り過ぎるという・・・
遠くから見ても肉食恐竜を見分けられる知識に驚きました。ちょっとしたことですが子供の成長をかんじられますね。
今年は二人ともじっくり観察しながらめぐりました。
次男は写真を撮りたかったようで携帯カメラで写真を撮りながら「君は大きいね~写真に納まらないよ~」って言いながらプラキオサウルスに話しかける次男・・・
いかに臨場感のある写真が撮れるか課題を設けてみるのも一つの楽しみかも

今カメラが欲しくなっているのです。ブログが人気ででればもっとキレイな写真をとりたいなと思い気が早いけどカメラの調査・・・
携帯のカメラも画質はきれいなんですけで、ママ友が一眼レフで撮ってくれる写真がとてもきれいなのです。

「ワニみたいだね~」っていうと「水のやつだからね。魚たべるんだよ」ってバリオ二クス前で講義を受けアンキロサウルスは素通り・・・なんか好みがあるようです。私にはよくわかりません。
今回何体か新登場の恐竜がいてその中の一匹スピノサウルス魚や肉を食べるらしい・・歩ているのに魚を食べるという事は泳ぐのだろうか・・・・確かに顔はワニみたい・・・
詳しくない人間から見ると、水辺の恐竜なのか全くわからないので川みたいなのもできればいいなとひそかに期待しているのです。

まとめ

子どもはすごく喜んでくれるのですが、「次見たい!!」って走っちゃうので、30分で全部めぐってしまいます。徒歩での観察になるので小学生はあっという間に終わってしまうかも・・・
名古屋のディノパークは公園もたくさんあるので、お弁当をもってきたら1日遊べます。

ここまで読んでくださりありがとうございます。

お問い合わせ/メール

にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました