ロビングのミスに悩まない!!今日からあなたもロビングマスター

バドミントン

という経験があるんじゃないでしょうか?
ミスの原因は「力み」プラス「大振り」
何回か読んでくださっている方はうすうすお気づきだろうが、かくゆう私
「コンパクトおばけ」なのです!!コンパクト大好き!!
という事で!!

コンパクトに振ってみよう!!ロビング!!~超基礎編~

突然ですが、シャトル上げできますか?

天井に向かってシャトルを高く上げるアレです。
調子に乗って天井に当ててたらシャトルが天井の柱に挟まって落ちてこなくなるアレ。

シャトル上げする時って「肘を動かさずに手首だけで上げる」って習いますよね?
実際手首を立ててあげるだけで小学校の体育館の天井くらいなら当たるんです。
ここで大切なことは「天井の高さよりコートの方が距離が近いという事」
という事は手首だけでコートの後ろまで飛ばせるはずなんです!!
天井に当てられない人だってコートの後ろまでなら飛ばせる距離なのです。

試合って結構疲れますよね?それなら楽に飛ばせるときは楽に飛ばしたくないですか?
冒頭の漫画の「棒人間ちゃん」のように腕から振るのと手首だけで振るのとではやっぱり手首で振るほうが楽だと思うんです。

あと、シャトル上げもそうですが腕を大きく振ったほうが空振りが多くないですか?
機械じゃないのでやっぱり大きく振れば振るほど軌道がブレると思うんです。
シャトルに当てるのに慣れてきたら、大きく振っても当てれるようになると思うので、なれるまで
コンパクトな振りで練習してみませんか?

ロビングの振り方

手首の使い方

フォア側
まずグリップの握り方は「イースタングリップで握ります。
イースタングリップ(包丁握りですがわからない方は上の青文字をクリックしてもらえたらグリップの記事が読めます。)
1.顔の前でラケットを構えます。
2.手の平を上にします。「何か頂戴」の手です。
3.親指側にラケットを少し倒します
4.始めの構えになるように手首を回します。
力を抜いて手首を回す。シャトルが当たる瞬間にグリップを握ります。
言葉にするのがむつかしかったのでムービーにしてみました。

振り終わりにラケットのヘッドを真上にするとシャトル上げ(シャトルが真上上がります
つまり、シャトルを飛ばしたいほうにラケットのヘッドで指し示す

バックハンド
1.顔の前でラケットを構えます。
2.親指の爪の横に力を入れます。
3.手の甲が自分に見えるように傾けます。
(手の甲を相手に向かって倒すと手首を痛めるので注意です)
4.親指でラケットを押し、構えの位置まで手首を回す。
私は親指でラケットを振っているイメージです。

腕の使い方
上記の漫画のような振り方してない?
動画にするとこんな感じです。
ラケットのヘッドが体の後ろになっています。
これだと「ロビングしか打てない」ので相手にスムーズに動かれます。スマッシュを打ち込まれることが多い人はちょっと振り方を見直してみてもいいかも・・

では、コンパクトに振ってみましょう。

コンパクトな振りだけがすべてではないので、「絶対真似して!!」とは思いませんが一度「コンパクト」に振ってみて下さいね。

一言言わせて
一言言わせて

小学生に特に言いたいことは「とりあえずやってみる」
上手な子は特に色んな人が色んな事を言ってきて「あの人がいう事とこの人が言うことが違う!!」と混乱することがあると思います。
まず「その場でやってみる」やってみて違うなと思ったら続けなかったらいいのです。
1回やってもその方法は定着しません。混乱するかもしれませんが「チャンス」だと思ってほしいのです。色んな人から教わることで「方法を選べる」のですから・・・

ロビングの練習

手投げノック
コンパクトに振るために、ヘアピンとロビングの交互で打つ。
ヘアピンを打つ位置でロビングを上げます。
ヘアピンとロビング間違えるくらいがいいですよ。
シャトル上げ
ラケットの終わりはヘッドが上を向くので、手を離したらそのままラケットが立つように。
うまく上がりだしたら、フラフープの中に入ってその輪の中だけでシャトル上げします。
(これは遊びでやればいいと思いますが、上げるシャトルをひとつずつ増やしてお手玉の用にシャトル上げしても楽しいです)
シャトル拾い
手で投げられたシャトルをすくい(ヘアピンが打てる位置に投げて下さい)、一度ラケット面の上にシャトルをのせて相手のコートに返す。
床から拾ったシャトルを上にはね上げてもう一度空中でラケットですくう。

ここまで読んでいただきありがとうございました。
読みに来てくださっている方のおかげで頑張れております。

お問い合わせ/メール

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました