飛びついて打つ!!速いタッチのフットワークをマスターしたい!飛びついて打つために必要なものってやっぱり・・・

バドミントン

よろしく おねがいします。

バドミントンのフットワークを左手でシャトルがつかめるまでしっかり下がりなさいと言われるけど、ジャンプして速いタッチで試合を回したい!!
飛びついて打つことで早くポジションに戻ることができる。というメリットがあります。

余談ですが、ジャンプスマッシュは「威力は落ちます」空中に浮いてショットを打つので床で踏ん張って打つショットより威力が上がる事はないですよね・・・
え?私がジャンプスマッシュ打てないから言っているのではないですよ!!ヒガミじゃないもん・・
じゃあ「なぜ、ジャンプスマッシュを打つの?」
それはジャンプすると相手の足が止まるのです。これは本能なのかなと思っていますが、
どこに打たれるかわからないので「止まざるをえない」のだと思います。

ジャンプした分下に落ちるロスタイムが発生するので、真ん中に戻る時間が遅くなるのでやっぱり脚力は必要になると思います。今回は「脚力」について書いていこうと思います。
飛びつくフットワークも最後に動画で上げていますので最後まで読んでいただけたら嬉しいです。


さて・・・本題に入る前にちょっと紹介をしたい子たちがいます!!

悪魔のシャトルと天使のシャトル!!「厨二病か!!」
まあ・・うん・・・
「悪魔のシャトルは、学生さんのように筋トレをばりばりしてでもそのショットを手に入れる!!」という人向けに
「天使のシャトルは、キツイ練習もしたくないし、そのショットがまぐれでも打てたらいいなー」という人向けのアドバイスを目指そうと思っています。

何歳でも優勝を目指して筋トレしたり努力できる人もいれば、ただ楽しくやれたらいいなあと思っている人もいると思います。ただ「バドミントンが好きという気持ち」は同じだと思うので、みんなに楽しんでもらえるようにブログ書いていきたいと思います。
楽しんで読んでいってもらえたら嬉しいです。

では、「山口選手と下田選手から学ぶ足の入れ替え」の補足をしていこうと思います。

のんびりやりたい人用
のんびりやりたい人用

きつい練習したくない人向けの筋トレ。ケガしないためにも最低限の筋力は必要なので無理のない程度でやってみて下さい。

足を引きずりながら大きく前に出す。腰が浮かないように注意して!!

これはすごく嫌いでしたが、ヘアピンをやプッシュする時にこの状態で打てたら完璧です。
後ろのフットワークの話でしたが、筋力もつくので紹介させていただきました。

しつこいようですが、体が上下しない!!という事が大切ですよ。
最後の筋トレは試合前のアップでも使われるのでみんな知ってるかもしれないですが・・

「1.2.3ジャンプ」ですね。下まで腰を落とすと膝が悪くなるというので私たちは90度より下にならないところで止めていました。

では、この筋トレをして後ろのフットワークできるかも!!と自信がついたら後ろのフットワーク練習してみましょう。

フォア側の「飛びつくフットワーク」です。
私は1.2とステップ踏んで飛びつきます。
足幅は肩幅より広くとって幅を常にキープする。
左足は真ん中のラインを踏んでいるつもりで、意識する。
これは早く真ん中のポジションに戻るためのフットワークなので練習の時も「真ん中に戻ってお終いですよ」

「これで後ろまで飛ばせる自信がない」というあなた
体の捻りが使えないので女の人はクリアーが飛ばなくなる人がいるかな?

肘をしっかり引いて飛びつきます。
ジャンプしながら、肘を前に出しながら手首をしっかり捻っていきます。
スローだとよく見えますが、捻りによって女性でも飛ばせるようになります。
シャトルを打ちたい方向をヘッドで差ししめしてください。

バック側、勢いよく下がりすぎると前に戻ってこれなくなります。
上半身は真っすぐを意識する。私は背筋が弱くて真っすぐにすることが苦手でよく「後ろに行きっぱなしで前に返ってこない」と怒られていましたが・・
右足を前に大きく蹴り上げてしっかり前に戻ってきて下さい。
右足を後ろに引いてしまうと戻りが遅くなります。

ここまで読んでいただきありがとうございます。Instagramはバドミントンの事だけを、ツイッターは趣味の事もつぶやいています、どちらかでのフォローしていただけたらうれしいです。

お問い合わせ/メール

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました