試合前に対戦相手から舐められない体勢を作る!!シャトルの違いって分かる?

バドミントン

皆さんは試合する時に相手が強いか気になりませんか?

学生の頃なんか特に次に当たる対戦相手の試合を見に行ったり・・・
そこで、いやらしい話ですが「自分が勝てる相手か値踏みします」
その際「この人勝てるかも・・・」なんて思われたくないですよね。

まあ・・試合会場で勉強してたら「勝てるな」って思ってました。
むしろ「負けちゃだめだ」ってね。
せめてバドミントンくらいは勝ちたいという変なプライドですね(-_-;)

では、どういう体勢を見たら「勝てるかも」って思うか

サーブ後やロビング後にポジションに戻るために右足を引いて戻った後
〇右足が後ろに大きく引かれたまま
 これは、サーブやロビングがどこまで飛んでいるか「自分の球の行方」を見ているで
もどりが遅くなり、ポジションに戻るのに精一杯で戻ったころには相手が打つ体勢になっていて
体勢を整える暇がなくなる。

改善→しっかり腕を振り切ったらポジションに戻る。
球の行方が気になるのはよくわかります。でも、もし「飛んでいなかったら」ダブルスでもシングルでもスマッシュがきます。より早く戻らなくてはいけないんです。球の行方はポジションに戻ったらゆっくり確認できます!!
まれに「速くポジションに戻らないと」って腕を振り切ってないのに動こうとする人がいますが、しっかり打ってから動いてからの移動で間に合うので落ち着いて!!(^^♪まずはしっかり打ちましょう。

〇腕が下がっている
ロビングやサーブで上に上がる球を出しているのに体の横にラケットがあり、ヘッドも下に下がっていると「バック側のレシーブに遅れが出る」「クリアーなど上に飛ぶショットに対しても遅れる」というデメリットがあります。
男の人がかっこつけてラケット下にしている人もいますが、私はあまりそれを見てカッコいいとは思いません。(これは単なる私の好みの話ですが・・・)上手に見せたい、強くなりたかったらヘッドはしっかり上げたほうがいいですね。

改善→ヘッドは腰より上(手首を立てる)
ラケットは顔の前と言いますが、状況によってそうじゃない事もあるので今回は「手首を立てる」という事。
肘は体より前、手首を45度ほど持ち上げる。
この体勢だけで上手に見えるはずです。

〇棒立ちになっている。
球の行方をボーとみて、膝は真っすぐ足の裏はすべて床についている。
ってことはないですか?動き出しが遅くなって最後はフットワークが追い付かなくなる大きな原因です。

改善→膝は軽く曲げる。踵は「浮いてるかな?」くらい上げる
体重は親指の付け根にのせています。すると軽く踵が浮きます。床についているような・・・ついていないような・・という感じですね。足は肩幅より少し広めにとれるとなお良し!!

待ちの姿勢一つで強く見せることもできるし、強く見える体勢がとれると実力も上がります。

では、次は試合前の打ち合いです。
あまりお互い手の打ちは見せたくないので、シャトルの状態コートの見やすさを確かめるためにハイクリアの打ち合いをすることがあると思います。

その際に「球が飛ばない人」はラッキーだと思います。
足を止めて打って良いのでクリアーはしっかり飛ばせるようになると相手の印象が変わります。

ハイクリアーとクリアーの打ち方と使い方~カットに逃げたい時にハイクリアーをつかってみよう
試合でも使えるので試合までにクリアーをしっかり練習するのはオススメです。

後は偉そうなくらい堂々としておくことです。
相手に少しでもプレッシャーを与えることは大事だと思います。
相手が緊張してミスしてくれたらラッキーですよね?

ここまで読んでくださりありがとうございました。
お問い合わせ/メール


にほんブログ村

今日はシャトルの紹介と小話を・・・
シャトルの紹介で商品貼ってますが何番のシャトルか書いてないので購入の際はご注意下さい。
今だと1番か2番でしょうか・・・

私が現役の頃は試合球は「ヨネックス」だったのでずっとヨネックスを使用していました。
練習でもヨネックス使っていて、今思うと贅沢だし恵まれてましたね・・・

「なぜ、練習もヨネックスのシャトルだったのか」
音と速さを覚える為です。
体育館によって聞こえる音は変わってきますが、
「音がなって1秒後にラケットを振り始める」みたいな感覚を養うために同じ種類のシャトルを使ってました。

たまに「シャトルの飛びの違いが分からない」という人がいますが、もしかしたら音でタイミングを
計ってないのかな?と思います。
それが絶対ダメとは言いませんが、一度音に注目してみてもいいかなと思います。

次によく見ていたのはゴーセン
この商品は3番なので今の季節だと少し使いづらいかも・・・

ゴーセンの印象は「羽根が止まる」という事はないのですがヨネックスの番号と同じものを使った時に
「飛びすぎ」「飛びにくい」が良くあり、番号の基準が若干違うのかなという印象でした。
試合ではヨネックスの後にゴーセンを使うと飛びに変化があるためかなり嫌がられます。

ゴーセンしか使わない試合や練習には良いと思いますが、常に3種類くらいのシャトルを持っておいてその時々で選びたいですね。

1本1000円くらいの低価格シャトルです。
以前はコルクがつぶれたり使えないな・・という印象でしたがこのシャトルは普通に打てました。
ただ、シャトルが途中で止まる為、音とタイミングがおかしくなるかなという感想です。
「音に対してのタイミングを大切にしたい」人は打ちにくいシャトルかな。
ただ、遊びで楽しくやりたいならこのシャトルでも問題なく打てます。

「音とタイミング」
もしよかったら、何種類かのシャトルを用意して打ってみて下さい。必ず違いが出るはずです。
クラブで「利きシャトル」なんてしたら盛り上がりそうです・・・
バドミントンのYouTuberさんがやってくれても面白そうですね(^^♪

「利きシャトル」もしやったら事ある方や、やってみた人は是非コメント下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました