ハイクリアーとクリアーの打ち方と使い方~カットに逃げたい時にハイクリアーをつかってみよう

バドミントン

前回の「インターハイに出るまでに私がやったこと」で
クリアーが大切というお話をしたので今回はクリアーについての記事にしたい
と思います。

クリアーやハイクリアーの打ち方

打ち方はスマッシュの打ち方と同じで
〇脇を90度、肘を90度の角度で手を引きます。
基礎打ちの段階では、しっかり後ろまで下がって打つ癖をつけましょう。
しっかり後ろまで下がるってどういう事?

上のイラストを見て下さい。
シャトルのコルクが下を向いているのにシャトルよりずいぶん後ろにいると思います。
この位置で打つと「スマッシュ」になります。

この位置まで下がって「前に出ながら打つ」とクリアーが打てます。

クリアーを打ち続けたかったら
なるべく力を使わない。
当たる瞬間にグリップを握ります。
大事なのは、当たったらすぐに力を抜くこと。
なるべく省エネです。

ハイクリアーとクリアーの違い


「ハイクリアー」

シャトルを打つ時に「ラケットの面が上を向いている」
ラケット面が上をむいているとシャトルは上に向かって飛んでいきます。
上に高く上がって落ちてくるショットになります。

「クリアー」
シャトルを打つ時に「面が前を向いて高い打点で打つ
弧を描いて強く速いショットが出ます。

さて、ハイクリアーはどういう時に使うのか
まずハイクリアーの性質を説明します。

上に向かって飛んで行った後
シャトルに加わった力がなくなると重いコルクは下を向き落下します。

この時のシャトルはコルクを下にした状態で縦向いた状態で落ちてきます。
ラケット面にはコルクだけでなく羽根にも当たるため
きれいに当てることが難しくなります。

ラケット面にシャトルの羽根が触るようにするためには
できるだけ高く打ち上げる必要があります。
コルクが下を向くまでに時間がかかるので、
相手に打ちにくい球を打たせたかったらなるべく高く上げる事が必要です。

高く上げることで何がおこるか
相手の体勢が整う
シャトルの滞空時間が長くなるので相手の体勢が整います。
つまり「どこに打つのか考える時間を与えることになります」

じゃあ、つかうメリットがないんじゃないの?
相手の体勢が整う代わりに自分の体勢も整えることができます。
なので、追い込まれた時に頑張ってハイクリアーを打つという使い方ですね。

追い込まれてカットをするならハイクリアーをうつ
私のシングルの強みだったと思います。
苦しい体勢でカットではなくハイクリアーを打つ。
「なんで?カットでもいいじゃん」

カットは「上から下に打つショットです。」
つまりミスしやすいショットなのです。
カットが入ったら相手はヘアピンかロビングです。
ロビングを選べば「下から上に打つショットになります」
下から上に打つショットはミスしにくいショットになります。

自分がミスする可能性が高くなり、相手のミスが減る可能性が高いショットがカットです。
これが、「ハイクリアー」にすると逆になります。
自分のミスが減る可能性が高くなり、相手がミスする可能性が高くなるショットになります。

打てるショットが多くなると迷いが出てミスが増えます。

ミスの多さ
ミスの多さ

「上から下のショット」
ネットに引っ掛けるか
サイドアウト、バックアウトのミスが考えられる
「下から上のショット」
サイドアウト、バックアウトのミスが考えられる

「体勢を整えたかったらハイクリアーです」

クリアーはどういう時に使うのか
クリアーはハイクリアーより低く速いショットです。
私は「攻撃的なショットで使います」

シングルスの組み立てはスマッシュではなくクリアーメインで組み立てたほうが
勝ちやすいのではと思います。

クリアーでしっかり後ろまで相手に下がらせる。
早めのドリブンクリアー(クリアーよりもう少し低いクリアー)で
相手にのけぞらせるショットを使うと最後にスマッシュで決められるかな。

クリアーやドリブンクリアーがスマッシュより強い理由
〇ミスしにくいショットになる(バックアウトは気を付けないといけない)
〇相手の体力を消耗させられる(スマッシュはポジションからそんなに動かなくていい)
〇女性はスマッシュよりクリアー嫌がる人が多い(筋力が弱いからかな)

クリアーがメインの組み立て案

少しクリアーの組み立てを考えましょう

1.(自分)カット
2.(相手)ロビング
3.(自分)ストレートクリアー
これは、1本目にカットで目線を下にして頭を低くさせることで2本目のクリアーの
対応が遅くなるし、体勢が低くなるので相手は上半身をのけぞらせやすくなります。

1.(相手)ラウンド側にクロスクリアー
2.(自分)ストレートにクリアー
自分がラウンド側に来たクリアーをどうするか考えてみて下さい。
ストレートクリアーを打つのは勇気がいるのではないでしょうか?
自分も苦しい体勢なのでもう一回攻撃されたくないという気持ちが強くなり
カットやスマッシュなど下に沈む球を打ちたくなるんじゃないかな?
でも、それは向こうの思惑でもありませんか?
カットを打つのを待っていることが多くなるのでそこで頑張ってクリアーを打つと
意外といい展開になるかもしれません。やってみて下さい。

まとめ

ハイクリアーやクリアーは基本はシングルスで使う事が多いですね。
スマッシュが早いことはとても有利ですが、クリアーやハイクリアー、ドリブンクリアー
を組み込むことでよりスマッシュが引き立ちます。

クリアーが強ければ、相手の上半身が起き上がってくるため
下に下がるショットがより効果的になります。

スマッシュに自信がなければ、クリアーメインの組み立てをしたら(シングルスで)
遅いスマッシュも早く感じさせることが出来ます。

ここまで読んで頂きありがとうございます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました