ダブルスでなるべく多く攻撃する為の中間スマッシュの打ち方

バドミントン

ダブルスをやっていて思う事は、1部から3部までの試合に出てみてスマッシュの多さに違いがある
という事でした。

1部の人の方がスマッシュもしくは下に下がるショットが多いという事です。
もちろん、無理してスマッシュを打ちなさいというわけではありませんが
ダブルスはいかにトップ アンド バック(前後の体勢)になれるか考えることが
楽しいなと思っています。

では、どうすればトップアンドバックになれるのか・・
中間にふわっと返ってきた球を下に向けて打てればもっと攻撃のチャンスが増えるのに
と思った事ありませんか?

今日は攻撃のチャンスを増やすために中間で打つスマッシュを解説していきます。

中間に返ってくる球はどんなものがあるのでしょうか?
〇スマッシュレシーブでいいコースに決まった為、中間にまでしか飛んでこなかった。
〇ドライブが返ってきた。
〇中間に相手がおいてきた
という事でしょうか?

では、この中間の球を押し込んでいくためにどうするれば良いか考えていきましょう。

とっても簡単!!オーバーヘッドストロークをレベルアップさせる!
オーバーヘッドストローク Lv.2 腕を後ろに引いたら当たらなくなった!!
この記事や他の記事で散々書いてきましたが「体を捻って打つ」
という事をしつこいくらい言ってきましたが、今回の中間の球を打つというショットの方法は
「体を捻らずに打つ」という事が大切になってきます。

まず、打ち方の説明ですが
1. 胸を張る。シャトルに向かって胸を突き出してください
2. 1の状態で肘は体の後ろまで引かず体の横にかまえて下さい。
 (これは、中間の球を打つ時は速いタッチで触りたいので捻る動作をする時間がないからです)
3.シャトルの下に入るために前に大きく一歩踏みだす。
 (中間に落ちるショットはネットを超えたあたりからコルクが下を向き、下降し始めます。
  ネットより下に落ちたシャトルを下向きに打つことはできないので、ネットより下に落ちる前に打  
  つ必要があります。)

どうでしょうか?説明付きで体の使い方を説明しましたが・・・
大事なのは失速しているシャトルの下にいかに早く入るかが大切になります

中間の球を打つ時に「オーバーヘッドストロークの打ち方」は忘れてほしいのです。
「強い球を出す」のではなく、早いタッチでシャトルを打つという意識に変更します。

そのため肩を回して力強い球をだすのではなく、肘を前に出しながら手首の捻りだけで
下に下がるショットを打ちます。
そして、体を半身にはせず、前を向いてシャトルの後ろに下がるのではなくシャトルの下に入ります。

前に移動する反動と肘から上の捻りのみで打ち込みます。

では、この時起こりえる困ることは、スマッシュほど威力がでないことでしょうか・・
つまり打つ場所が悪いと窮地に立たされます。

「じゃ、無理して打たない方がいいじゃん」
それでも、クリアーやロビング上げるよりチャンスが広がると私は思うのです。

じゃあ窮地に立たされないようにコースを考えてみましょう。
中間なので、鋭角に落ちるショットは打てないことが多いので相手の肩のあたりを狙います。
「肩って右肩?左肩?」
フォア側でシングルのサイドラインにシャトルが飛んで来たら、相手の向かって左肩
バック側でシングルのサイドラインにシャトルが飛んで来たら、相手の向かって右肩
ねらって打ちます。
コートの真ん中にシャトルが飛んで来たら、対戦相手二人の間を狙います。

やってみたけど、ネットに引っ掛けてしまう・・・
という人はもっとシャトルの下に入り込むように大きく足がでていないのではないでしょうか?

これに限らず、ミスが多い日は足が動いていない事がおおいのです。
実際私も前回の練習でミスが多く、中間の球をネットに引っ掛けることが多かったので
今回試合前に少しフットワークをしてみました。
前回よりはミスが少なくなりました。

大人になって足が動かないときは「疲れている」サインかもしれません。
そういう時は力を抜いて、「シャトルをコートに入れる」を優先に
無理な体勢で打たない。中間もスマッシュではなくカットに変えるにしてみて下さい。

ケガして練習することで力が抜けて「コツをつかんだり、何かを発見することがあります」
力を抜くことは悪いことではないのです。

ここまで読んで頂きありがとうございました。
お問い合わせ/メール

皆様が怪我無く楽しくバドミントンができますように

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました