シングルス!配球を考えて自分のパターンを作る!!

バドミントン

試合の時、配球のイメージしてからサーブしなさい。と言われていたけどそんなことみんなできてるの?
私は野生児なので本能の赴くまま、飛んできたシャトルをただただ打ち返すという試合方法でした。
そもそも、勝っても負けても常に主導権を握る試合方法だったので余計考えてなかったのかもしれない。
負けたとき必ず「え?負けたの?」と言わることが多かった。チラ見したときに勝ってるように見えるらしい。
結局これだと、自分より実力の上の人とやると主導権が握れず負けてしまうので、やっぱり頭脳はいるよね・・・

配球を試合前に沢山考えて「頭脳プレーヤーに私はなる!!」

ロングサーブの位置で返球を考えてみる

星の位置(真ん中)にロングサーブを打った時
レシーバー側はラウンド側に下がることになり、「打ちにくい」と感じます。
その為、サーブの見逃しがおきやすいので必ずサーブを入れるべきです。

返球について考えてみます
しっかり下がって打てるプレーヤーだった場合星の位置のサーブだとどこでも返球できます。(真ん中だから、どこに打っても同じ距離で打てるから)
返球のしやすさを考えてみます
とんできた軌道のまま打ち返すことが一番打ちやすくミスが少ないと思います。
①が一番返球しやすい場所になる。
このように考えた時に番号順が打ちやすい順になると思います。
①~④の位置に返球された時、あなたはどこに打ちますか?

<例>
私はストレートに返します。
(その後、ストレート勝負かクロスカットが返ってきたら決めに行きたい)

星の位置(左の端)にロングサーブを打った時 
この位置にサーブを打つ人が多いのではないでしょうか。
それは何故か・・・返球が3つに絞られるからではないでしょうか。
自分の後ろ、つまり右奥に帰ってくる可能性が低くなる。
レシーバーにとっては一番遠い位置になるため甘い球になりやすく、サーバーの上をシャトルが通過する為打ち込まれる危険性を考えここの配球は極めて低くなる。

返球のしやすさは   
①ストレートにクリアーが一番ミスが少なく返球しやすい。
②ストレートカット距離が近くその後の対応もしやすい
③クロスカット シャトルがとんできた方向に打ち返しやすいですがここに打つとサーバーから近い

では、先ほどやったように①から③にシャトルが来たときにどこに返球するか考えてみましょう。

注意
その他を「取らなくてよいわけではない」ということ。頭の隅に「シャトルがとんでくる可能性がある」ということは入れておいて下さい。

クロスカットの返球

意外とクロスカットを使う人が多い気がします。
クロスカットに一番有益な返球の場所はどこだろう。

クロスカットが来た時の返球を考えてみます。(サーブを打つ人の立場です)
①ストレートヘアピン
(相手にとって一番遠い場所、ここに落とされるときついので取れるように意識はしていると思います。相手はロビングしてくる可能性が高いと予測)
②ロビング、アタックロブ
(私はここを狙います。女なので後ろまで飛ばすのはむつかしいので若干前に詰めて待ちます。ここからだとダブルス前衛ライン周辺に返球されると予測)
③クロスヘアピン
(前に走らせて体力を奪うことができますが、私は相手の返球予測がしずらいので使いません)
④クロスロブ
(相手の足を止めて後ろにとどめておくことができますが、相手が体勢を整えやす為ストレートの打たれると自分が苦しい立場になる)

あなたならどこに返球して、相手はどこに打ってくると思いますか?
今日は2手先までを4パターン考えてみました。
●1本目のクロスカットをよくする人は何狙いで打っているのか?
●自分ならクロスカットが来たらどこに返球してどんな球狙いか?

ストレートのドリブンクリアからの配球

私の一番多用するショットなのですが、なぜ多用するかというと次のショットの予測が立てやすいからです。
ドリブンクリアをクロスクリア、ストレートクリアでしっかり奥まで返せる女の人は少ない気がします。
女性でなくても、ハイバックで打ち返すと返球は弱くなりますし、強いショットが打ちにくいのは間違いないのです。
「ミスの少ないショット」という点でも下向きに打つショットよりはミスが少ないのです。
ドリブンクリアを使うときは、サイドとバックのアウトは気を付けてください。

青い斜線内の返球される可能性が高く、斜線外は1割意識しておけばいいと思います。万が一斜線外に帰ってきた場合でも真ん中に戻っていれば触れると思います。

ではドリブンクリアの後の返球について考えてみましょう。
①クロスカット
(クロス多用する選手はここを狙う方が多いと思います。ここはストレートヘアピンで相手を走らすかストレートロブで後ろにおして自分はダブルス前衛ラインで前に逃げた球を狙う。)
②ストレートカット
(筋力の弱い選手はクリアーやスマッシュが打てなくてカットになります。 クロスロブで前の逃げ球を狙う。クロスヘアピンで走らす。
私はクリアーが得意なのでもう一度ストレートロブで攻めますが、筋力が弱い選手は真ん中に戻り切れていないことも多く体勢を整えて打たれることがあります。)
③クリアがしっかりとんでいないとき
(ストレートにスマッシュ。この時1発で決めるつもりで打たない事ストレートのストレートスマッシュは取りやすいため返ってきます。
ならクロスにスマッシュすればいいと思った人いますよね?クロスのスマッシュがとられた場合、ストレートにネット前が一番可能性が高いのですが、ここに落とされると攻撃パターンにもっていきにくくなりす。)
④ストレートクリア
(相手もクリアの得意な選手ですね。攻撃パターンもっていきたい場合は下に落ちる球を打つ。私はもう一度ストレートクリアーを打つことが多いです)

皆さんはどうでしょうか?自分の得意ショットに持っていくためにはどの配球がベストでしたか?ぜひ攻撃パターンをコメントに載せてみてください。

ここまで読んでいただきありがとうございます。フォローやコメントしてくれると嬉しいです。
コメントで教えてもらえたら嬉しいです。恥ずかしい方は下に「お問い合わせ/メール」を貼っておくのでご意見いただけたら嬉しいです

お問い合わせ/メール

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
にほんブログ村


コメント

タイトルとURLをコピーしました