ダブルスのローテーションの考え方

バドミントン

大人になるとダブルスがメインになってきますよね。
そうすると、知らない人とダブルスを組んで喧嘩になったり
動き方が分からず落ち込んだり・・・
ダブルスってむつかしいんですよ。

これまでにダブルスの動き方についてちらっと書いたんですが
私はこれまでに「小学生に基礎の打ち方のみ教えていたので」
戦術や動き方についてお伝えするのができるのか・・・

基本的な動き方はこちらの記事に書いてますがあくまでも基礎なので
実践ではうまくいかないことが多いのかな?
ダブルスの動き方は基本があって、試合相手、パートナーに合わせて変化していきます。

一番分かりやすいのが、「ミックスダブルス」
皆さんは異性の方と組んで試合したことがありますか?

トップ選手はミックスダブルスでも普通に女性が後衛でスマッシュ打ちますが
一般的には、女性はずっと前で男性がずっと後ろになります。

なぜミックスの話をするかというと、ミックスダブルスにおいてダブルスの基本は一切
通用しないからです。
たとえば、女性がクリアーを上げたとします。
普通ならサイドのままローテーションはしませんがミックスだと前に入ります。
基本ならあり得ない行動ですが、ミックスダブルスは
「いかに女性が前に入って攻撃態勢をつくれるか」が勝敗に関わってきます。

さて、本題です。
私は男子ダブルスでも女子ダブルスでも「前後の攻撃態勢を早く作れるペアが強い」
と思っています。
そう、単純に考えてみて下さい。

1、上に上がる球を打ったらサイド
2、下に下がる球を打ったら前後
という基本を守って自分たちが相手より早く前後になるためにはどうしたらよいのかを考えるだけ

「あれ?簡単じゃない?」
そう、ローテーションしないといけないって考えるからむつかしいのです。
バドミントンって別にローテーションしないといけないわけじゃないんですよ。
前後になって攻め切ったらずっと前後のままでしょ?

前後になるためにはどうすればいいか考えてみましょう。

1サーブプッシュ
これが、一番前後に早くなれるショットですね。
サーブプッシュ練習してくれましたか?
「え?まだプッシュできない?」
じゃあ、プッシュせずに自分が前にいるためには何を打てばいいですか?
〇ヘアピン
要するにロビングさえしなければ前に入れますね。

この時のポジションどりですが
プッシュしたらプッシュした延長線上に前衛は動きます。
後衛(黄色のまる)はロビングがくるので1歩後ろで真ん中のラインをまたぎます。

前後になったらなるべく下に落ちる球を打ち続けなければいけません。
安易にクリアーを使わない事ですね。

レシーブのパターン

相手が先に前後になったら、サイド バイ サイドになりますね。
この状態から前後になるためにショットを考えなければいけません。

相手がスマッシュを打ってきたら
ドライブで返せるショットが来たらドライブしながら前に入ります

相手がカットしてきたら
「ヘアピン!!」って思いました?そうヘアピンでも前に入れるんですが相手は
トップ アンド バックになっています。つまり、ヘアピン先には相手がいます。
なので、サイドの中間に押し込めたらベストですね

動き方はこんな感じです。
レシーバーは「シャトルについて前に入る」
つまり、ラケットにシャトルが当たったと思ったら移動を始めます。
相手のコートにかえる前には前に移動しているはずです。
レシーバーが前に移動するのが見えたらパートナーは斜め一歩後ろに下がります。

相手のコートにシャトルが返るころには前後になっているはずです。

なぜ、ここを強調するかというと
パターンAは右利きペアだとフォアで強い球を出しながらローテーションができるので
前衛にはいる
パターンBだとバックで弱い球になるのでサイドのまま
という話を聞いたのです。

もちろん間違いはないですが、私はもったいないと思います。
せっかく攻撃できるパターンに持って行っているのにサイドのままでは守り体勢のままです。
でも、球が弱くなるのはバックでとるからなのです。
後衛がバックじゃなくてしっかり体入れてスマッシュ打てればパターンBでも強い球が出せます。

じゃあ、なぜ後衛がバックでとることになるのか
「パートナーが前に入っているのにその場で止まっているから」
前に入らない選択するくらいなら、後衛のポジションを移動してあげたらいいのに・・・
バック側にロビングが来るのが怖いならバックの方に寄ってあげたらいいのです。

ほら!!難しいと思っていたローテーションができていますよ!!
1歩動くだけでもローテーションしているんです。

ダブルスってパートナーが動いた後、穴が開かない位置に移動しろ!!って言われますよね。
もちろんそれも大事ですが私は
次に来るショットがどこに来るのか予想して取れる位置に移動する
ことも大事だと思っています。

コートに穴が開かないように移動すると、スマッシュレシーブのパターンでは真ん中のラインを踏まずに真っすぐ一歩後ろに下がるのが正解ですが

レシーバーが真っすぐ黒い位置にシャトルを落としたときに相手は一番どこにレシーブを上げると
思いますか?

多分皆さん「ストレートにロビング」って答えるんじゃないかな?
ストレートにロビングが一番ミスが少なく、奥までレシーブが届きなおかつ相手のバック側になるからです。

だったら最初からバック寄りにポジションを取ればいいと思うのです。
前回の打つ位置を誘導する話と同じで空きをわざと作る。
フォア側に空きを作るとカバーできますよね?

ということで、沢山書くと分からなくなるので今日はこのパターンを覚えてください。
練習で「基本を守って前後に早くなるためにどうすればよいか」試合してみて下さい。

中間に落したらシャトルについていって前に入る
後衛はシャトルに近くなるように斜め一歩後ろに下がる。
この2点は相手のコートにシャトルが変えるころには移動が終わっている。

ここまで読んで頂きありがとうございました。

お問い合わせ/メール

分かりやすく伝わっていれば嬉しいな・・・

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました