スマッシュよりかっこいい?!フォア側をバックでレシーブする   ~大切なのは肘~

バドミントン

もちろんジャンプスマッシュをする格好もかっこいいんですけど、個人的に
フォア側のレシーブをバックでとっている姿に惚れるんですよね・・・
上のイラストの恰好が好きなんですよ・・・

さて、カッコいいと思っていてもスマッシュを打ちたいという気持ちはおさえられないですよね?

何故スマッシュが打ちたいのでしょうか?

〇打つ姿がかっこいいから
〇打った時気持ちいいから
〇点数が取れるから
いろいろありますよね・・・何より点数に直結しやすいのは魅力ですよね。
その点レシーブだけで点数を取るのがかなりむつかしい気がします。

よっぽどコースが良くない限り1発で点になる事ってないですよね。
「じゃあ、やっぱりスマッシュばっかり練習しようかな」

いいんですか?気持ち良いスマッシュを打つためにはレシーブは欠かせないですよ。
相手の攻撃ターンでもレシーブ力が良かったら自分の攻撃ターンがすぐに回ってきます。

一回レシーブに回ると相手に決められるまでずっとレシーブのままなんて事ありませんか?
そんな事にならないようにレシーブの練習してみましょう!!

では、レシーブの範囲ですが
青い半円がフォアでレシーブできる範囲です
黄色い円がバックでレシーブできる範囲です
良く見るイラストですよね?つまりバックでレシーブ出来たら広い範囲が取れますよ~という事ですね

つまり、体周りのレシーブは「すべてバック」
「え?バックは力が入らないからフォアでとるって言ってたじゃん」
そうですね・・・オーバーでとるときはシャトルの勢いが少ないので
自分の力も加えないといけないのでより力が加えやすいフォアをオススメしてます。

が!!スマッシュレシーブはシャトルに相手の力が加わっているので
自分の力を加えるのは少しでいいのです
相手のスマッシュが強ければラケットに当てさえすれば相手コートに返ります。
なので「ごく小さい振りで、ごく小さい力でいいのです」

では、レシーブで大切なことはなんでしょうか?
体の前でシャトルをさばくこと
体の中心より後ろで触れば触るほどシャトルはネットに近いところにしか返せなくなります

なので、フォア側もバック側も取れるバックでレシーブするほうがよいのです。

では、バックでフォア側を取ってみましょう。

体の前にボールがあるつもりで腕と体の間に空洞を作ります。

〇フォア側にスペースを作るために利き手側の足を少し後ろに引きます。
〇体重は利き手側の足太腿にのせる。
〇手の甲が自分を向くようにラケットを倒す
〇脇を90度に持ち上げ、肘が90度になるように弧を書くように回す
〇肘が90度になったところでラケットにシャトルが当たったら真っすぐ前に振る

では、腕についてもう少し詳しく説明していきましょう
「構え」の状態から手の甲が見えるように倒します。
手を倒すと肘が上がり、脇が90度になると思います。

次は肘を90度にしていきます。
次が難しいんですけど、90度にした腕を肘を起点に弧をかくように動かします。
ラケットの面は
手首を倒したときは利き手じゃない方を向きます
シャトルがネットを通過する時に親指に力をいれるとラケット面は相手に向きます。
ラケットにシャトルが当たったら手首を返すとラケット面が再び利き手じゃない方を向きます。

動くところは肘より下になり起点が肘になることを意識してみて下さい。


左イラストが手首を返したときですが、手首を返すと
高く大きく飛びます。相手のスマッシュがしっかり沈んでいたら手首を返します。

右イラストは手首を返さずラケットを押し出した状態です。
ドライブのように水平に飛ぶので、押し込んで相手にロビングかヘアピンを打ってもらうショットになります。
相手のシャトルが浮いていたり、自分が一歩踏み込んで前でとれた時に使います。

「レシーブに回るとずっとレシーブで押し負けてしまう」
という人はラケットを押し出すというショットを使ってみて下さい。
形勢逆転するはずです。

力の入れ方ですが、私はいつもマリオネットを思い浮かべるのですが
肘を糸で吊るされて肘より下は力はいらない。
スマッシュを打つ音が聞こえると親指に力を入れていくという感じです。

ポイントは
重心は低く
利き手側の足はややうしろで空洞を作る
腕は肘を起点に弧を書くように動かす
ラケット面が相手を向いたら真っすぐ押し出すか、手首を返す

ここまで読んで頂きありがとうございました。
お問い合わせ/メール

フォア側をバックでとるのってむつかしくて習得に時間がかかったんですけど出来たら
スマッシュを打つくらいかっこいいと思っています。
これが上手な人がいてかっこいいなあってよく見てました。

かっこいいバドミントン選手を目指してみませんか?

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
にほんブログ村

にほんブログ村に参加中、フォローしてもらえると大喜びします!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました