【画像、動画解説】ハイバックを打てるようになりたい!!

バドミントン

前回の記事でバックとラウンドの話を少ししたので
ラウンドの打ち方とハイバックの打ち方の紹介したいと思います。

まず、ラウンドでとれるようならラウンドでとることをオススメします。
ハイバックは「休憩」「どうしても間に合わない」といった時に使います。

ハイバックだと動く歩数を少なくできる為、つい楽したい時に使ってしまいます。
ハイバックばっかり使っているとラウンドしたくなくなります。
なので、一般の指導者は「ハイバックは使うな」という方針で指導します。

ただ、ハイバックでしか取れない場合もあるので練習をします。
ハイバックで打てると便利ですが、「重い球」は返せません。
なるべくラウンドで打つ癖はつけて下さい。

ハイバックの打ち方

持ち方、手首の倒し方は今までのバックの打ち方と同じになります。
バックは手首の倒し方さえ分かれば難しくない!!

この状態から横に倒して、ラケットを落とさない程度に脱力します。
小指側に力を入れて握るとラケットが奥(自分の体ではない方に倒れます)
ラケットがねじれることで親指の腹がグリップに当たります。
小指側の握りこみと親指で押し出す。

下から見たグリップの握り方を動画にしています。
文で想像できなかった人は見てみてください。

シャトルが飛んで来たら、シャトルの方向に大きく右足を出しながら
手首を倒し、肘を上げます。

男の人や手首が強い人はこの状態から腕を振って飛ばしますが
私は、腕や手首の筋力が強いわけではないので体の勢いを使って飛ばします。

肘を上げたら、肘からシャトルに向かって動かします。
打てる位置にきたら、体を捻りながらラケットにシャトルを当てます。
打ち終わったら体は前を向いています。
腕は、構えのポジションに戻してきます。

体の捻りを使う事で飛ばします。
これはメリットがあって打った瞬間に前を向くので次の動作に移りやすいという事です。

また、ハイバックでクリアーではなく、カットやクロスを打つときも同様に打てば
速く返ってくるシャトルに対応できます。

さて、一番楽にハイバックを飛ばせる位置があります。
それはシャトルが頂点に達した時に当てることです。

ハイバックで上の様に打つときは、すでにシャトルが落下していて、コルクも下を向いています。
これはすでにシャトルには勢いがない状態ですね。
そのため、自分の力を沢山加えないと飛んでいきません。

でも、シャトルのコルクが平行な時はまだシャトルに飛ぶ力が残っているので
自分の力が小さくても遠くまで飛んでいきます。

分かりやすいのが、スマッシュレシーブです。
相手のシャトルが早ければ早いだけラケットに当てるだけで相手のコートに返ってくれます。

最初に言いましたが、オーバーで打つ方が力強い球が出るのでもぐりこめるときは
ラウンドでとったほうがいいです。
特に、ハイバックで「カット」「クロスカット」の逃げ球で使っている人は一番読まれやすいです。

私なら、2.3回打ってハイバックで取りに行った時点で前に走ります。
ハイバックでもクリアーが打てるところをみせるか、ラウンドを多く使うかをオススメします。

ここまで読んで頂きありがとうございます。

ハイバックの説明難しかったです・・・もしいい説明が浮かんだらまたブログにしてみようかな。

お問い合わせ/メール

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
にほんブログ村

にほんブログ村に参加中、フォローしてもらえると大喜びします!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました