ダブルスは窮屈?たのしいダブルスをするためには話し合いが重要なんじゃないかと私は思う

バドミントン

もともとシングルスプレーヤーだった私は、ダブルスがとても窮屈に思えて苦手だった。

「あそこに打たなければいけない」
「そこに打っちゃだめ」
打つ球を選べないし

「え?なんでそのショットにしたの?」
「なんでそんな動きするの?」
ってパートナーにも腹が立った。

パートナーとは高校時代とても仲が悪かった・・
コートチェンジをする時は別の方向から出たり、一言も口きかなかったり
結果を出したい、勝ちたい意欲が強かった。

そんなことをトータルしてダブルスの楽しさが全く分からなかった。
シングルスは「良い事」「悪い事」すべて自分。
何を打っても、どんな動きをしても自由

そんな私が楽しくなった理由や今日はお伝えしていこうと思う

ダブルスの動きやショット、どうすればいいかわからない

なぜ楽しくないのか?
それは「何を打てばいいのか」「どこに動けばいいのか」わからないから。
きっと「スマッシュを打ったら前後になる」相手が前後になったら「左右に広がる」
なんて、分かってる。でもうまくいかない。

なぜうまくいかないのか?
理想のショットと現実のショットがかけ離れているから。

プロみたいにきれいに当てられて、スマッシュ、カット、ドロップの打ちわけがはっきり
した人ばかりではない。
ドキッとしました?
ちょっとキツイ言い方になりますが「何を打ったかわからない」ショットは自分もパートナーも
動きづらくなります。

失敗談<br>
失敗談

「スマッシュ打った」
あれ・・・プッシュが返ってきた


Aさんがスマッシュを打ったならBさんは前衛に入っています。
それなのにプッシュが返ってきたという事はBさんは動けなくなります。
クリアーなら後に下がりますが、スマッシュを打ったつもりならシャトルは中間までしか飛んでない
Bさんが下がるには時間がない。Bさんは動けなくなります。

ダブルスの動きに悩んでいる人に「動き方はこうだよ」というブログが書けたらいいのだが
どうにもそれはできそうにない。
打つ球は「その人」「その時」「その場所」で変わるから。

「じゃあ、打ち分けがちゃんとできないとダブルスはできないの?」
そんな事ないのです。

基礎が分かれば後は自分たちでパターンを作っていけばいいと思うのです。
それが他の人から見たら「ダブルスの動き変わってるね」と言われても・・
大事なことは、
楽しくやる事
自分のコート内にシャトルを落とさない事
だけなのです。

ダブルスの基本

「だれか教えて!ダブルスの超基本の動きダブルスを初めてする人向け」
が、基本です。

同じようにとても単純なとこを言えば、
パートナーが前に入ったら自分の体勢がよほど悪くない限り
下に下がるショットを打たなければならない
(前に入ったのにクリアーを打つとまた後ろに下がらなければならない。
 無駄な動きにならないようにするために、何も考えていないクリアーはダメ)
スマッシュはパートナーの前に打つ
(なるべくパートナーの前にシャトルが落ちるようにすれば、相手のレシーブ時前衛の前を必ず
 通るので前衛が止めれる可能性がでてくる)
前衛はラケット面を相手に向けて大きく振らない
(強く振って決めるのではなく、素早く触って前に落す)

すぐ思いつくのはこれくらいでしょうか・・・
なぜ、これくらいしか思いつかないのかそれは私がダブルスの動きではなく
シングルスの動きで「良し」としてくれたからです。

私が戦術をあまり書かないのは、好き勝手動いているからです。

大事なのは話し合い

「自分がどう動きたいのか」
「どういうショットが得意なのか」
「何が苦手なのか」
を話合う事をお勧めします。

実力差のあるペアの場合、上級者がすべてフォローしようと動くことがありますが、
あれは初心者もどこに動けばよいか分からなくなり動きづらいのです。
せっかくやっているのだから楽しく試合したい。

私は「前衛に入りたくない」「動きたい」というのを喧嘩しながらすり合わせてきました。
冒頭のパートナーとはとても仲良しになりました。
私は後衛がいいので、つい後ろ後ろに行こうとするのでパートナーが前に入ります。
普通と違っていてもその人とうまく回ればそれでいいのです。

話合いする暇がない即席パートナーだったら
コートを想像して空いているところに自分が立つようにする

パートナーと息があってきたらすごく楽しくなりました。
勝つのは楽しいですが、ダブルスは「パートナーと息があう」のが一番楽しいかなと思うのです。
シャトルが1回しか触れないのに勝ったって楽しくないですよね?
勝っても、打ちたいショット打てなかったらモヤモヤするし
パートナーと喧嘩しながらやっても楽しくない。

慣れてくると「どこでミスするか」もわかってきます。
で、「やると思った~」って笑いながらやると力も抜けていいパフォーマンスにつながるかも( *´艸`)

ここまで読んで頂きありがとうございました。

勝ちの中にも「楽しかった」と思える試合ができますように!!

お問い合わせ/メール

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
にほんブログ村

にほんブログ村に参加中、フォローしてもらえると大喜びします!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました