【動画、画像、イラスト解説】アンダーハンドストローク!相手にショットを限定させないフォームを身に着ける

バドミントン

何度も話に出てくる「ショットを限定させない。相手のショットを限定していく」
相手が「何を打つのか分かれば」自分の体勢も整えられてミスが少なくなると思いませんか?

アンダーハンドストロークしか打てない時、打てるショットは
〇ヘアピン
〇ロビング
の二択しかありませんが、この二択でも相手を翻弄する方法は沢山あります。

例えば、ヘアピンに見せかけてロビング
ラケットにシャトルが触れるギリギリまでヘアピンのフォームで相手を引き付けてロビングを打つ
(うまくいけば、すごく気持ちいいんですよね)
または、ストレートヘアピンに見せかけてクロスのヘアピン
相手を動かすことができるのでミスを誘うことが出来ますね。

ショットを限定させないアンダーハンドとは

クロスヘアピンを打つときにラケットを立てて腕をスライドさせる方法があります。
これは、相手がバックラインからカットを打った時に自分が早いタッチでクロスに打ちたいときに有利な打ち方です。

以前ラケットを立てて入ると相手の足を止められるという話をしましたが、上のクロスヘアピンのラケットの立て方では相手の足を止めることはできません。

なぜ足を止められないのか?画像を見てもらえると分かりますが、面の向きです。
クロスヘアピンの面の向きではプッシュを打つことが出来ません。

なので、クロスヘアピンのラケットの立て方は「クロスヘアピンしか打てない」のです。
その代わりに早いタッチでクロスヘアピンを打つことが出来ます。

では、一つ問題です。
「ラケットを立てた状態でも、クロスヘアピンだと限定させない方法があります。それはどのように打てばよいでしょうか?」


そうです!!一度ラケット面を見せてからクロスヘアピンを打つ
つまり、右の画像の様にしてから、左の様に打てば相手の足を止めることが出来ます。
そのかわり、早いタッチはできなくなります。

次は同じクロスヘアピンですが、ラケットをねかせた状態で打ちます。
ラケットがねているので、相手にプレッシャーをかけることが出来ません。
なので、「クロスヘアピン」「ヘアピン」「ロビング」「クロスロブ」どれでも打てるようにします。
とにかく「これしか打てない」は危険です。

打ち方

言いたいことはわかった!!打ち方は?
と思っているのではないですか?
次は打ち方を説明していきたいと思います。

左はすべて同じ位置で同じ構え方です。

ヘアピン
1.ネット前で手の平上にして、ラケットの面はやや斜めに相手の方に傾けます。
 ヘッドは手首より上に上がります。
2.シャトルがラケット面に当たると、ラケット面が相手の方に傾いたまま上に持ち上げます。
(1の状態で上に持ち上げる。こすりながら押し込むイメージです。)

ロビング
1.ネット前で手の平上にして、ラケットの面はやや斜めに相手の方に傾けます。
 ヘッドは手首より上に上がります。
2.1の状態から手首の力を抜くと右の状態になります。シャトルが落ちてきたら
 手首を回してラケットを立てます。
 いまいちわからない方はこちらもご覧下さい。

クロスヘアピン
1.ネット前で手の平上にして、ラケットの面はやや斜めに相手の方に傾けます。
 ヘッドは手首より上に上がります。
2.肘を脇腹の横にくっつけるように引く。引きながら手の平を左に向ける。


動画ものせてみます。
相手のコートに面を傾けないと自分のコートにシャトルが入ります。
練習してみて下さい。

同じフォームで待つ事で何のショットを打つか分からなくすることが出来ます。
また、左のフォームでギリギリまで動かずにとまれると、相手は何を打つかわからないので足を止めることが出来ます。

トップ選手はしっかり相手の足を止めるようなフォームで前は拾っています。
相手の足を止めることが出来ている動画があるので貼っておきます。
桃田選手が相手の足を止めています。1:51付近です。
この試合とても良い試合なので一度見て下さい。


ここまで読んで頂きありがとうございました。

先日、働いている息子がいると思われました・・・もう少し若つくり頑張ろうと思います・・( 一一)

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
にほんブログ村

にほんブログ村に参加中、フォローしてもらえると大喜びします!!

お問い合わせ/メール

コメント

タイトルとURLをコピーしました